技術情報

Citrix ローカルホストキャッシュ(LHC)の再作成方法

こんにちは、LHC ばにゃです。

本記事では、Citrix Delivery Controller 上で「ID:505、ソース:Citrix Config Sync Service」のエラーが記録された場合の対処方法について解説します。

  • イベントログに記録されるエラー
IDソース説明
505Citrix Config Sync ServiceCitrix Config Sync Service がインポートに失敗しました。
対処方法
  • ローカルホストキャッシュの無効化/有効化
  • ローカルホストキャッシュの再作成
LHCについて補足
  • 本記事で解説するローカルホストキャッシュは、Citrix XenApp XenDesktop 7.12 以降に実装されたローカルホストキャッシュに関する内容となります。
  • XenApp 6.5 以前に実装されていた ローカルホストキャッシュは、名前は同じですが中身が全く異なるものであるため、本記事の内容は該当しません。
スポンサーリンク

前提となる環境

本記事では、以下のような環境を例として記載します。
この環境で私自身が実機動作確認済みの手順となります。

環境
  • Citrix XenApp XenDesktop 7.12 以降
  • Citrix Virtual Apps and Desktops 1903 以降

対処方法

ローカルホストキャッシュの無効化/有効化

ローカルホストキャッシュの無効化/有効化を行う手順となります。
この手順で事象回避されない場合は ローカルホストキャッシュの再作成 を行ってください。

手順

  1. 該当イベントが記録されるサーバーに管理者権限のユーザーでサインインします。
  2. Citrix Studio を起動します。
  3. Citrix Studio の管理コンソール内から PowerShell を起動します。
  4. PowerShell より以下のコマンドを実行します。
Set-BrokerSite -LocalHostCacheEnabled $false -ConnectionLeasingEnabled $true
  1. 続いて、PowerShellより以下のコマンドを実行します。
Set-BrokerSite -LocalHostCacheEnabled $true -ConnectionLeasingEnabled $false
  1. しばらく時間をおいた後、イベントが記録されなくなっていることを確認します。

ローカルホストキャッシュの再作成

ローカルホストキャッシュの再作成を行う手順となります。
基本的に 対処方法2 を行うことで、ほぼ事象回避されます。

手順

  1. 以下サイトより PsExec をダウンロードします。
    https://docs.microsoft.com/en-us/sysinternals/downloads/psexec

  2. 該当イベントが記録されるサーバーに管理者権限のユーザーでサインインし、ダウンロードした PsExec を適当な場所に格納します。

  3. 以下のサービスを停止します。
    Citrix High Availability Service

  4. コマンドプロンプトを起動し、PsExec を格納したフォルダに移動した後、以下のコマンドを実行します。
psexec64 -i -u "NT AUTHORITY\NETWORK SERVICE" cmd
  1. 「PsExec License Agreement」画面が表示されるので「Agree」をクリックします。
  2. 新規に起動したコマンドプロンプトにて、以下のコマンドを実行します。
whoami

 →「nt authority\network service」と表示されることを確認します。

  1. 続いて以下のコマンドを実行します。
cd "C:\Program Files\Microsoft SQL Server\120\Tools\Binn"
  1. 続いて以下のコマンドを実行し、CitrixHA を停止します。
SqlLocalDB stop CitrixHA

 →「LocalDB インスタンス “CitrixHA” が停止されました」と表示されることを確認します。

  1. 続いて以下のコマンドを実行し、CitrixHA を削除します。
SqlLocalDB delete CitrixHA

 →「LocalDB インスタンス “CitrixHA” が削除されました」と表示されることを確認します。

  1. エクスプローラーを開き、以下のファイルを削除します。
    C:\Windows\ServiceProfiles\NetworkService\HADatabaseName.*
    C:\Windows\ServiceProfiles\NetworkService\HAImportDatabase.*


  2. 以下のサービスを起動します。
    Citrix High Availability Service

  3. しばらく時間をおいた後、以下のコマンドを実行し、CitrixHAが再作成されていることを確認します。
SqlLocalDB i
  1. イベントが記録されなくなっていることを確認します。

参考情報

Citrix ドキュメント

以下の Citrix KB にも情報があるため参考にしてください。

関連書籍

Citrix関連の数少ない書籍です。
Xenapp、XenDesktopの基本知識を身につけるのに最適です。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村


コメント