【Widget Options】投稿記事・固定ページごとにサイドバーのウィジェットを表示・非表示にする方法

WordPress サイドバーのウィジェット表示/非表示 Widget Options プラグイン

こんにちは、ばにゃです。

本記事では、WordPress環境において指定した投稿記事・固定ページに対してサイドバーのウィジェットを表示・非表示にする方法について解説します。

概要
ばにゃ

Widget Optionsというプラグインを使用する方法で、手順は 10分 程度で終わります。

本記事で紹介する手順で、以下を実現することが可能です。

  1. 指定した投稿記事で、サイドバーの特定ウィジェットを表示させる
  2. 指定した投稿記事で、サイドバーの特定ウィジェットを表示させない
  3. 指定した固定ページで、サイドバーの特定ウィジェットを表示させる
  4. 指定した固定ページで、サイドバーの特定ウィジェットを表示させない

例えば本記事のサイドバーに表示されているウィジット「動作確認ウィジェット」は、その他の記事には表示されておらず本記事にのみ表示されています。またウィジット「タグ」は他の記事には表示されていますが、本記事には表示されていません。このような制御が可能となります。

では手順について解説します。

本記事で紹介するWordPress管理画面の操作は、WordPressのバージョンや使用しているテーマによって若干見た目や名前が異なる可能性がありますが、自身の環境にうまく読み替えて進めてみてください。

目次

事前準備

Widget Optionsというプラグインを用意します。

Widget Optionsプラグインのインストールと有効化

  1. WordPress管理画面よりプラグイン画面を開き新規追加を選択します。
プラグイン新規追加
  1. キーワードに「Widget Options」と入力して検索します。
プラグイン検索
  1. ウィジェット名が「Widget Options – Add Context To WordPress Widgets」、作者が「Widget Options Team」となっているウィジェットをインストールします。恐竜が歯車を加えているようなアイコンが目印です。
Widget Options プラグイン
  1. インストール完了後「有効化」をクリックしてプラグインを有効化します。

以上でWidget Optionsプラグインのインストールと有効化は完了です。

Widget Optionsプラグイン設定の確認

Widget Optionsにはいくつかの機能があり、それぞれ個別に機能の有効・無効が可能です。この設定はWordPress管理画面の「設定」>「Widget Options」から確認可能です。

Widget Options 設定

不要な機能は無効化しても問題ありませんが、今回はプラグインインストール後の初期状態の設定(以下のような状態)を前提として、以降の解説を続けます。

Widget Options 機能

以上でWidget Optionsプラグインの設定確認は完了です。

投稿記事にサイドバーの特定ウィジェットを表示させる方法

投稿記事のIDを確認

ウィジェットを表示させる投稿記事のIDを確認します。

  1. WordPress管理画面より「投稿」>「投稿一覧」を選択します。
投稿一覧
  1. ウィジェットを表示させる投稿記事の「ID」列に表示されている数字をメモしておきます。
投稿記事のID

ウィジェットの設定

  1. WordPress管理画面より「外観」>「ウィジェット」を選択します。
ウィジェット
  1. 「共通サイドバー」を選択します。
共通サイドバー

本記事の手順ではサイドバーのウィジェットの表示/非表示を変更するため「共通サイドバー」を選択していますが、それ以外の部分に対しても設定可能です。

  1. サイドバーに表示させたいウィジェットを選択します。
ウィジェットの選択

ここでは例としてカスタムHTMLウィジェットを選択しています。

  1. Widget Optionsが正しくインストール・有効化されている環境では、ウィジェット編集画面の下部に以下のような画面が表示されるので「歯車」マークを選択します。
Widget Options 設定 Class,ID & Logic
  1. 「Logic」を選択します。
Widget Options 設定 Logic
  1. 「Logic」配下に入力フィールドが表示されます。
Widget Options 設定 Logic

ここから「Logic」配下の入力フィールドに追記を行っていきます。1つの投稿記事に対して表示させるのか複数の投稿記事に対して表示させるのかで入力フィールドに追記する内容が異なるため、実現したい内容に応じて以降の手順を参照してください。

1つの投稿記事にサイドバーの特定ウィジェットを表示させる場合の手順

1つの投稿記事に対して特定のウィジェットを表示させる場合は、以下の手順を行います。

  1. 「Logic」配下の入力フィールドに以下のような形式で追記し、保存をクリックします。
is_single('投稿記事のID')

ウィジェットを表示させたい投稿記事のIDが 5610 であった場合は、以下のように入力します。

is_single('ID') 保存

以上で手順は完了です。

指定した1つの投稿記事のみウィジェットが表示され、それ以外のページ(トップページや固定ページ、その他の投稿記事)にはウィジェットが表示されない状態となります。

複数の投稿記事にサイドバーの特定ウィジェットを表示させる場合の手順

複数の投稿記事に対して特定のウィジェットを表示させる場合は、以下の手順を行います。

  1. 「Logic」配下の入力フィールドに以下のような形式で追記し、保存をクリックします。
is_single(array( 投稿記事のID, 投稿記事のID ))

ウィジェットを表示させたい投稿記事のIDが 56103246 であった場合は、以下のように入力します。

is_single(array( ID, ID ))

以上で手順は完了です。

指定した複数の投稿記事のみウィジェットが表示され、それ以外のページ(トップページや固定ページ、その他の投稿記事)にはウィジェットが表示されない状態となります。

投稿記事にサイドバーの特定ウィジェットを表示させない方法

投稿記事のIDを確認

ウィジェットを表示させる投稿記事のIDを確認します。

  1. WordPress管理画面より「投稿」>「投稿一覧」を選択します。
投稿一覧
  1. ウィジェットを表示させる投稿記事の「ID」列に表示されている数字をメモしておきます。
投稿記事のID

ウィジェットの設定

  1. WordPress管理画面より「外観」>「ウィジェット」を選択します。
ウィジェット
  1. 「共通サイドバー」を選択します。
共通サイドバー

本記事の手順ではサイドバーのウィジェットの表示/非表示を変更するため「共通サイドバー」を選択していますが、それ以外の部分に対しても設定可能です。

  1. サイドバーで非表示としたいウィジェットを選択します。
ウィジェットの選択

ここでは例としてカスタムHTMLウィジェットを選択しています。

  1. Widget Optionsが正しくインストール・有効化されている環境では、ウィジェット編集画面の下部に以下のような画面が表示されるので「歯車」マークを選択します。
Widget Options 設定 Class,ID & Logic
  1. 「Logic」を選択します。
Widget Options 設定 Logic
  1. 「Logic」配下に入力フィールドが表示されます。
Widget Options 設定 Logic

ここから「Logic」配下の入力フィールドに追記を行っていきます。1つの投稿記事に対して非表示とするのか複数の投稿記事に対して非表示とするのかで入力フィールドに追記する内容が異なるため、実現したい内容に応じて以降の手順を参照してください。

1つの投稿記事にサイドバーの特定ウィジェットを表示させない場合の手順

1つの投稿記事に対して特定のウィジェットを表示させない場合は、以下の手順を行います。

  1. 「Logic」配下の入力フィールドに以下のような形式で追記し、保存をクリックします。
!is_single('投稿記事のID')

ウィジェットを非表示とする投稿記事のIDが 5610 であった場合は、以下のように入力します。

!is_single('ID')

以上で手順は完了です。

指定した1つの投稿記事のみウィジェットが非表示となり、それ以外のページ(トップページや固定ページ、その他の投稿記事)にはウィジェットが表示される状態となります。

複数の投稿記事にサイドバーの特定ウィジェットを表示させない場合の手順

複数の投稿記事に対して特定のウィジェットを表示させない場合は、以下の手順を行います。

  1. 「Logic」配下の入力フィールドに以下のような形式で追記し、保存をクリックします。
!is_single(array( 投稿記事のID, 投稿記事のID ))

ウィジェットを非表示とする投稿記事のIDが 56103246 であった場合は、以下のように入力します。

!is_single(array( ID, ID ))

以上で手順は完了です。

指定した複数の投稿記事のみウィジェットが非表示となり、それ以外のページ(トップページや固定ページ、その他の投稿記事)にはウィジェットが表示される状態となります。

固定ページにサイドバーの特定ウィジェットを表示させる方法

ウィジェットの設定

  1. WordPress管理画面より「外観」>「ウィジェット」を選択します。
ウィジェット
  1. 「共通サイドバー」を選択します。
共通サイドバー

本記事の手順ではサイドバーのウィジェットの表示/非表示を変更するため「共通サイドバー」を選択していますが、それ以外の部分に対しても設定可能です。

  1. サイドバーで表示させたいウィジェットを選択します。
ウィジェットの選択

ここでは例としてカスタムHTMLウィジェットを選択しています。

  1. Widget Optionsが正しくインストール・有効化されている環境では、ウィジェット編集画面の下部に以下のような画面が表示されるので「目」のマークを選択します。
Widget Options 設定 Visibility
  1. Hide/Showで「Show on checked pages」を選択します。
Widget Options 設定 Show on checked pages
  1. 「Post Types」タグを選択します。
Widget Options 設定 Post Types タブ
  1. 「Pages」配下に固定ページ一覧が表示されるため、ウィジェットを表示させたい固定ページにチェックを入れ、保存をクリックします。
Widget Options 設定 固定ページの選択

ここでは例として固定ページ「プライバシーポリシー」を選択しています。

以上で手順は完了です。

チェックを入れた固定ページにのみウィジェットが表示され、それ以外のページ(トップページや投稿記事、その他の固定ページ)にはウィジェットが表示されない状態となります。

固定ページにサイドバーの特定ウィジェットを表示させない方法

ウィジェットの設定

  1. WordPress管理画面より「外観」>「ウィジェット」を選択します。
ウィジェット
  1. 「共通サイドバー」を選択します。
共通サイドバー

本記事の手順ではサイドバーのウィジェットの表示/非表示を変更するため「共通サイドバー」を選択していますが、それ以外の部分に対しても設定可能です。

  1. サイドバーで非表示としたいウィジェットを選択します。
ウィジェットの選択

ここでは例としてカスタムHTMLウィジェットを選択しています。

  1. Widget Optionsが正しくインストール・有効化されている環境では、ウィジェット編集画面の下部に以下のような画面が表示されるので「目」のマークを選択します。
Widget Options 設定Visibility
  1. Hide/Showで「Hide on checked pages」を選択します。
Widget Options 設定 Hide on checked pages
  1. 「Post Types」タグを選択します。
Widget Options 設定 Post Types タブ
  1. 「Pages」配下に固定ページ一覧が表示されるため、ウィジェットを非表示としたい固定ページにチェックを入れ、保存をクリックします。
Widget Options 設定 固定ページの選択

以上で手順は完了です。

チェックを入れた固定ページのみウィジェットが非表示となり、それ以外のページ(トップページや投稿記事、その他の固定ページ)にはウィジェットが表示される状態となります。

参考情報

Widget Options プラグインの Logic に追記した is_single(‘投稿記事のID’)is_single(array( 投稿記事のID, 投稿記事のID )) といった書き方のルールについて、もう少し詳細を知りたいかたは以下の情報を参照してください。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ばにゃ ばにゃ システムエンジニア

国内大手SIer勤務、SE10年以上やっています。これまでの経験を元にIT技術情報やIT資格試験、たまに投資/資産形成やSE界隈の話について記事にしていきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
目次
閉じる