タスクスケジューラから起動されるプロセスの優先度/ディスクIOの優先度を変更する方法

こんにちは、Windowsインフラエンジニア ばにゃです。

タスクスケジューラに設定されたタスクから実行されるプロセスは、デフォルトではプロセスの優先度通常以下(B) 、およびディスクIO優先度 となっています。

そのためタスクの処理内容によっては、処理が重くなる実行完了までに時間がかかる、といった状態になることがあります。

タスクスケジューラ プロセス優先度
タスクスケジューラ ディスクIO優先度

これらの優先度設定はタスクスケジューラの設定画面からは変更できず、タスクを一度エクスポートしてxmlファイルの内容を編集し別タスクとしてインポートし直すという作業が必要です。

本記事では、このプロセス優先度、ディスクIO優先度の変更方法について解説します。

目次

前提となる環境

本記事では、以下のような環境を例として記載します。
この環境で私自身が実機動作確認済みの手順となります。

環境
  • Windows Server 2019
  • Windows Server 2016
  • Windows 10

プロセスの優先度/ディスクIOの優先度を変更する方法

タスクのエクスポート

タスクスケジューラを起動し、優先度を変更したいタスクを右クリックして「エクスポート」を選択します。

タスクスケジューラ タスクのエクスポート

xmlファイルとしてエクスポートされるので、適当な名前を付けて適当な場所に保存します。

タスクスケジューラ タスクのエクスポート xmlファイルの保存

xmlファイルの編集

エクスポートしたxmlファイルをテキストエディタで開き、<priority>~</priority>と記載されている箇所を確認します。

<priority>7</priority>

デフォルトでは 7 となっているはずです。これはプロセス優先度:通常以下(B)、ディスクIO優先度:という状態を表しています。

タスクスケジューラ xmlファイル priority

<priority>の値を変更しxmlファイルを保存します。変更する値は以下の表を参照してください。

例えば<priority>の値を 3 とした場合、プロセスの優先度:通常以上(A)、ディスクIOの優先度:標準、という状態になります。

priorityプロセス優先度ディスクIO優先度
0リアルタイム(R)標準
1高(H)標準
2通常以上(A)標準
3通常以上(A)標準
4通常(N)標準
5通常(N)標準
6通常(N)標準
7通常以下(B)
8通常以下(B)
9低(L)バックグラウンド
10低(L)バックグラウンド

タスクのインポート

タスクスケジューラを起動し、画面右のタスクのインポートを選択します。

タスクスケジューラ タスクのインポート

編集したxmlファイルを選択します。

xmlファイル インポート

タスクに適当な名前を付けてOKをクリックします。

タスクスケジューラ タスクのインポート

同じ名前でタスクを上書き保存することはできないため、エクスポート前のタスクと同じ名前にしたい場合は、タスクを事前に削除しておきましょう。

以上で手順は完了です。

参考情報

ディスクIOの優先度について

priority値によるプロセス優先度の違いについては、Microsoftのこちらのサイトに情報がまとまっていますが、ディスクIOの優先度については公開情報が見つかりませんでした。

そのため priority値を 0 ~ 10 の11通りで実際にタスクを作成し、リソースモニターよりディスクIO優先度を確認し表にまとめています。

priorityプロセス優先度ディスクIO優先度
0リアルタイム(R)標準
1高(H)標準
2通常以上(A)標準
3通常以上(A)標準
4通常(N)標準
5通常(N)標準
6通常(N)標準
7通常以下(B)
8通常以下(B)
9低(L)バックグラウンド
10低(L)バックグラウンド

関連記事

Microsoft ドキュメント

priorityプロパティに関してはMicrosoft の以下サイトも参考にしてください。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

国内大手SIer勤務、SE10年以上やっています。これまでの経験を元にIT技術情報やIT資格試験、たまに投資/資産形成やSE界隈の話について記事にしていきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる