SE雑記

大手IT企業 SEがテレワーク/在宅勤務を始めた話

こんにちは、テレワーク大好き ばにゃです。

昨今の感染症対策で、最近ではどこの会社でもテレワークを導入していると思います。

そういった変化が苦手、対応が遅いといったイメージのある、比較的古い体質の国内大手IT企業に務めるSEのテレワーク体験談を紹介します。

弊社もネットでは色々と言われていましたが、実際はかなり柔軟に対応してもらえたと感じています。

スポンサーリンク

テレワーク準備編

仮想デスクトップ

私の会社ではセキュリティの観点から、仮想デスクトップ環境を利用してテレワークを行っています。

通常こういった設備・環境準備に時間がかかり、すぐにテレワークを行うことは難しい場合がありますが、弊社ではすでに環境整備されており、いつでもテレワークを開始できるという状況でした。

こういう時は大企業はありがたいですね。

Slack

私の部署ではテレワークを行うにあたって、Slack を導入しました。

Slackについては以前から何度か提案してみたものの挫折を繰り返していたツールなのですが、ここぞとばかりに上司を説得して導入に成功。

こういったツールは企業規模によっては簡単に導入できないことも多いですが、実際に使用した感想として、Slackは非常におすすめです。


テレワーク開始時期

私自身は 2020年2月頃 からテレワークを開始していました。

GMOでは早々と全社員をテレワークにするといったニュースが流れていましたが、弊社ではこの時期ほとんどの人はテレワークを利用していませんでした。

張り切ってテレワークを開始していた私は、若干変な目で見られていた時期です。

テレワーク開始後の問題点

tele_001

どこでも同じだと思いますが、やはり色々と問題はありました。

  • 協力会社テレワークできない問題
  • ネットワーク回線パンクする問題
  • 集中力が切れて遊んじゃう問題

協力会社テレワークできない問題

当初、協力会社の人がテレワークできないのでは?という話がありました。

これについては、2月時点ですぐにルールを改定しテレワークOKとなりました。

普段はフットワークが重い弊社ですが、何故かこのときばかりは異例の速さで驚いたっことを覚えています。

補足
  • 協力会社のテレワークについては、正確には 契約形態(派遣 / 請負)によっても異なります。
  • 請負契約の協力会社メンバーについては、指揮命令権が派遣先企業に無いため、こちらからテレワークOK/NGといったことが言えません。


ネットワーク回線パンクする問題

一気にテレワーク環境を利用する人が増えたため、社内ネットワークに接続しにくい状態が頻発しました。

うちはIT企業であり、それなりにITリテラシーはあると思われるので、ほとんどの人は「まぁそりゃそうだよね」くらいの感覚で、騒ぐ人は少なかったのですが…

聞いた話によるとテレワーク反対派の人達が、ここぞとばかりに「それ見ろテレワークなんてできるわけない!早く出社させろ!」と言っていたとかなんとか。

しかしそれもネットワーク担当の方々の努力により解消。
連日徹夜で頑張って頂いていたようで、感謝しかないですね。

  • 最終的には中の人が頑張ってネットワークを増強してくれたおかげで解決
  • テレワーク反対派おじさんは息を潜める


集中力が切れて遊んじゃう問題

最初の数日くらいだけでしたが、やっぱり家だと誘惑が多い。
正直最初の2,3日はパフォーマンスは落ちたと言わざるを得ないです。

特に仕事を始めるタイミングの切り替えがフワフワしていて難しかった!

ただ1週間もテレワークをしているうちにその環境に慣れてきて、特に誘惑に負けることもなく、YouTube を見ながら快適に仕事をしています。

  • 1週間もすれば集中力もバッチリ
  • YouTubeは面白い



テレワーク エピソード 3選

tele_002

テレワーク期間中、こんなことがありました。

  • サボってないのか疑われる
  • ハンコのために出社する
  • 出張先で感染者が

サボってないのか疑われる

テレワーク開始当初、社内的にテレワークは「推奨」であり「強制」ではなかったため、テレワークを行っている人は極めて少数でした。

しかも「推奨」と言っても、とりあえず言ってみました感のある「推奨」です。
そしてこの時期に社内の人に言われたこと…

上司
上司

本当に仕事してるの?サボってんじゃないの?
ちゃんと仕事してることを証明するために報告資料作ってだしてよ?

まさかサボっていると疑われるとは。
まるで YouTube ばかり見て仕事をしてないかのような言いようですね。

この サボってないことを証明しろ というありがたいお言葉に対しては「Slackで簡単な業務報告を投稿する」という運用にして乗り切りました。

特に何の証明にもなっていないような気もしますが、パフォーマンスを落とすことなく仕事はできているため問題無しなのです。

ハンコのために出社する

よくネットやニュースでは、「今日はハンコを押すために出社しました」なんて言っているサラリーマンが紹介されていて、そんなアホなと思っていましたが、そんな私にもついに運命の時が訪れました。

上司
上司

この書類、お客さんに出さなきゃいけないやつだから、印刷して 判子おして それをPDF化して PDFをメールで送って 原本を●●に送っておいてね。

ばにゃ
ばにゃ

は、はい・・・(えっ?)
いや、それはいわゆる 判子のために出社する という例のやつですかね?

上司
上司

wwww

ま、まぁこれに関してはうちの会社、上司がどうこうではなく、取引先の企業の都合もあるため、なんとも言えないですね。

なんとかハンコ文化、無くなってほしいものです。

出張先で感染者が

緊急事態宣言がで出ておりテレワーク推進と言われている状況下でも、SEたるもの客先に出向いて作業をする事は当然あります。

これはそんな時の出来事…

ばにゃ
ばにゃ

カチャカチャッ、ターンッ!Enter
ふぅ、今日の作業は長引きそうだな。

お客様
お客様

あ、あの…ばにゃさん。
先週この事務所に出社してた人が、感染してたことが判明したみたいです。

ばにゃ
ばにゃ

うん、もう少しかかりそ・・・えっ?

お客様
お客様

はい。発熱があって検査したら陽性だったみたいです。
じゃあ引き続き作業よろしくお願いします。

ばにゃ
ばにゃ

あっ、はい。(このまま普通にここで作業するんだ)

さいわい私は体調に問題ありませんでした。
いや、ほんとによかった…

ちなみに3密どころか 10密 みたいな環境で作業していたため、近しいメンバーが感染していた場合、恐ろしいことになっていたと思います。

緊急事態解除後のテレワーク事情

全社的にもやっとテレワーク運用にみんなが慣れてきたところですが

ここにきて緊急事態宣言が解除され、今後のテレワークがどうなるのか、私の勤務先ではまだ不明です。

たださすがにテレワークを全く無しにする、ということは無さそうなので、個人的には今後もテレワークを活用していきたい、と思っています。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村


created by Rinker
自由国民社
¥1,540 (2021/06/15 01:24:02時点 Amazon調べ-詳細)

コメント