【NISA】米国株ETF/高配当株 運用結果(1年7ヶ月目)

楽天証券 NISA口座 米国株ETF/高配当株

こんにちは、米国株投資家 ばにゃです。

2018年11月末に楽天証券でNISA口座を解説。投資知識ゼロだった私がノリと雰囲気だけで米国株を買い続けて1年7ヶ月が経ちました。そんな私の米国株ETF米国高配当株がどういった結果になっているのか記録に残しておきます。

ばにゃ

コロナショックでの暴落から4ヶ月が経ちました。

目次

NISA口座 保有銘柄と評価損益

保有銘柄

米国株 保有銘柄

保有銘柄は以下の 12種類 です。

ティッカー名称割合
VGTバンガード 米国情報技術セクターETF18.9 %
VHTバンガード 米国ヘルスケアセクターETF13.2 %
VDCバンガード 米国生活必需品セクターETF12.6 %
VYMバンガード 米国高配当株式ETF14.6 %
SPYDSPDRポートフォリオ S&P500高配当株式ETF15.5 %
CTXSシトリックス・システムズ5.0 %
PYPLペイパル4.5 %
BTIブリティッシュ・アメリカン・タバコ4.0 %
RDSBロイヤル・ダッチ・シェル3.1 %
ULユニリーバ3.7 %
PFEファイザー2.3 %
TAT&T2.5 %

時価評価額と評価損益

現在の評価損益は +614.56ドル です。

ドル換算

  • 時価評価額:11,890.35 ドル
  • 評価損益 :+614.56 ドル

個別に見てみると、SPYD / VYM / RDSBの含み損が非常に大きく、VGT / CTXS / PYPL の調子がよい、といった状況です。

ティッカー時価評価額 ($)評価損益 ($)
VGT2247.20+729.72 (+48.08%)
VHT1565.20+161.55 (+11.50%)
VDC1503.00+7.23 (+0.48%)
VYM1736.68-141.94 (-7.55%)
SPYD1841.40-417.63 (-18.48%)
CTXS600.24+188.95 (+45.94%)
PYPL531.63+212.09 (+66.37%)
BTI473.64+16.91 (+3.70%)
RDSB369.12-156.03 (-29.71%)
UL445.36+19.69 (+4.62%)
PFE276.08-5.30 (-1.88%)
T300.80-0.68 (-0.22%)
合計11890.35+614.56 ドル

時価評価額の推移

NISA 米国株 時価評価額推移 20200705

2020年3月時点では大きくマイナスになっていましたが、3ヶ月程度でマイナスはなくなりました。

配当金の合計額

NISA 米国株 配当金合計 20200705

2020年7月5日時点、これまでの配当金の合計額は 222.79ドル となりました。銘柄ごとの受取配当金合計額は以下のような状況です。

ティッカー配当金 ($)
VGT26.01
VHT31.09
VDC36.53
VYM49.31
SPYD44.85
CTXS6.93
PYPL0
BTI7.65
RDSB9.48
UL3.52
PFE2.74
T4.68
合計222.79

各銘柄の振り返り

いくつかの銘柄をピックアップして振り返ります。

SPYD(SPDRポートフォリオ S&P500高配当株式ETF)

コロナショックのダメージをもろに受けて SPYD-417.63ドル (-18.48%) です。配当利回りに釣られて購入しましたが、大きくマイナスとなっています。ひとまず売る予定は無しなので、長い目で見ていきたいところです。

VGT(バンガード 米国情報技術セクターETF)

コロナショックもなんのその、VGT+729.72ドル (+48.08%) です。IT業界で働くSEとしてはVGTをもっと増やしたいところですが、コロナショック前の価格に戻ってきたため今年は追加購入はなさそうです。

RDSB(ロイヤル・ダッチ・シェル)

ADR(米国預託証券)銘柄で現地税率 0% が魅力的の RDSB ですが、コロナショックのダメージが戻らずに -156.03ドル (-29.71%) です。大きくマイナスですが、SPYD同様こちらもまだホールド予定です。

CTXS(シトリックス・システムズ)

仮想デスクトップ等のいわゆるテレワーク関連銘柄である CTXS ですが、コロナショックの状況でも唯一暴騰していた銘柄であり +188.95ドル (+45.94%) です。ブログやTwitter等で CTXS について語っている人がいないのが寂しいですが、こちらもまだまだホールド予定です。

PYPL(ペイパル)

決済サービス大手3社の1つ、PayPal +212.09ドル (+66.37%) です。PayPalは個人的にかなり昔(15年くらい前?)から利用している、というだけの理由で保有しています。

今後の米国株投資方針

コロナショック時にかなり購入してしまったので、2020年度の残りNISA枠がほとんどない状況です。そのため2020年はNISA枠での追加購入はあまり行わない予定です。ただ現状でも金融資産の80%近くが現金という状況のため、よいタイミングがあれば特定口座も利用して購入を続けていく予定です。

関連記事

その他の米国株運用結果は以下よりご覧ください。

関連書籍

投資方針を参考にしているわけではないですが、1つの読み物として面白いので紹介しておきます。

¥1,650 (2022/06/29 10:56:58時点 Amazon調べ-詳細)

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ばにゃ ばにゃ システムエンジニア

国内大手SIer勤務、SE10年以上やっています。これまでの経験を元にIT技術情報やIT資格試験、たまに投資/資産形成やSE界隈の話について記事にしていきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
目次
閉じる