投資/資産形成

【NISA】米国株ETF/高配当株 運用結果(1年10ヶ月目)

楽天証券 NISA口座 米国株ETF/高配当株

こんにちは、ばにゃです。

2018年11月末より楽天証券でNISA口座を開始。
投資知識ゼロだった私がノリと雰囲気だけで買い続けて1年10ヶ月が経ちました。

そんな私の米国株ETF米国高配当株がどういった結果になっているのか記録に残しておきます。

ばにゃ
ばにゃ

コロナショックも一段落、はたしてどうなったのか…

過去の記録はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク

NISA口座 保有銘柄と評価損益

保有銘柄

米国株 保有銘柄

保有銘柄は以下の 12種類 で、3ヶ月前と変わらず。

この3ヶ月での追加購入はほとんどありませんが、VGTとPYPLの調子がよかったため割合が少し増加しました。

ティッカー名称割合
VGTバンガード 米国情報技術セクターETF19.9 %
VHTバンガード 米国ヘルスケアセクターETF13.0 %
VDCバンガード 米国生活必需品セクターETF13.0 %
VYMバンガード 米国高配当株式ETF15.0 %
SPYDSPDRポートフォリオ S&P500高配当株式ETF15.3 %
CTXSシトリックス・システムズ4.3 %
PYPLペイパル4.6 %
BTIブリティッシュ・アメリカン・タバコ3.4 %
RDSBロイヤル・ダッチ・シェル2.4 %
ULユニリーバ3.9 %
PFEファイザー2.3 %
TAT&T2.7 %

時価評価額と評価損益

2020年10月5日時点
  • 時価評価額:12438.65 ドル
  • 評価損益 :+961.02 ドル

3ヶ月前と比較すると、評価損益は+346.46ドル となりました。

ばにゃ
ばにゃ

徐々に株価も戻ってきてなによりですね。

そして、個別の評価損益は以下の通りです。

RDSB-45.95% まだまだ大きな含み損となっています。

ティッカー時価評価額 ($)評価損益 ($)
VGT2464.56+947.08 (+62.41%)
VHT1613.44+209.79 (+14.94%)
VDC1637.20+141.43 (+9.45%)
VYM1863.00-99.98 (-5.09%)
SPYD1899.24-417.38 (-18.01%)
CTXS539.56+128.27 (+31.18%)
PYPL575.73+256.19 (+80.17%)
BTI425.40-31.32 (-6.85%)
RDSB283.80-241.35 (-45.95%)
UL501.52+75.85 (+17.81%)
PFE291.04+9.66 (+3.43%)
T344.16-17.22 (-4.76%)
合計12438.65+961.02 ドル

時価評価額の推移

NISA 米国株 時価評価額推移 20201005

2020年9月にやや下落していますが、全体でみるとなんとかプラス損益をキープしています。

配当金の合計額

NISA 米国株 配当金合計 20201005
2021年10月5日時点
  • 配当金合計額:295.44 ドル

3ヶ月前と比較すると、配当金の合計額は +72.65 ドル となりました。

銘柄ごとの受取配当金合計額は以下のような状況です。

ティッカー配当金 ($)
VGT31.10
VHT35.63
VDC44.37
VYM63.91
SPYD60.98
CTXS8.19
PYPL0
BTI15.86
RDSB13.32
UL7.24
PFE5.48
T9.36
合計295.44

各銘柄の振り返り

いくつかの銘柄をピックアップして振り返ります。

SPYD(SPDRポートフォリオ S&P500高配当株式ETF)

高配当ETFである SPYD-417.38 ドル(-18.01%)

3ヶ月前からほぼ変化なし。SPYDはなかなか元に戻りませんね。

どうするのが正解かわからないですが、配当金は頂けるので継続保有中。

VGT(バンガード 米国情報技術セクターETF)

ハイテク銘柄ETFである VGT+947.08 (+62.41%)

VGTはコロナショック時にも、評価損益がギリギリでマイナスになりませんでした。

ちなみに過去以下のようなタイミングで購入しています。

米国株 VGT

RDSB(ロイヤル・ダッチ・シェル)

オランダ/イギリスの石油会社である RDSB-241.35 ドル (-45.95%)

私は2020年の2月と3月、51ドルと35ドルくらいの頃に購入していました。

RDSBは ~ 年間も減配してなから絶対安心だ!」なんて言われていましたがあっさり減配し、現在は24~25ドル前後をウロウロ。

約 -46% はまぁまぁひどい状況ですが、ポートフォリオ全体の 3% 程度だったので今のところたいしたダメージはありません。

やっぱり分散は大事ですね。

今後の米国株投資方針

ついに自分の2020年NISA枠がほぼ無くなりました。

そのため米国株投資はひとまず来年までは大きく動きはない想定です。

ばにゃ
ばにゃ

今年の米国株投資はほぼ終了。来年のNISA枠復活までしばしのお休みです。

関連書籍

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村


コメント